すっかり板についたマスク生活。パンを買いにいらっしゃるお客様たちも、いろいろなマスクをしていらして、目を楽しませていただいております。

が、ある日、毎週きてくださるお客様が、あれ??印象が違う・・。

そうです、20歳くらい若返ってみえたのです・・失礼。でも、ほんとです。

着けていらっしゃったのは、グリーンの地に縦ラインに入った花柄のプロヴァンス模様のマスク。それ1枚でもおしゃれなのですが・・。

なぜ若く見えたのか考えてみたら、そう! お肌の色が明るく見える!

どうして?グリーンだから、ああ、そうだ、グリーン基調のアイメイクが合うのだ、あの方は・・。

つまり、アイメイクに合わせてマスクの色地を選んだらどうかしら??

きっと現れるんでしょうね、マスクアドバイザーみたいな方が。あなたのお肌の色に合わせて選びます・・なんてね。

とりあえず、オオワダのいまの基本の愛用マスクは、DRC医薬さんのです。たまたま家族がセブンイレブンで買ってきたのかな・・。センタクしたのを借りて着けてみると、ガーゼの4層になったのが、この季節にちょっと温かいし、肌にこすれない。耳にかかるゴムも、センタクしても伸びないし、しっかりしてる。

若くみえはしない普通の白だけど、グレーもあって。まあこれでいいかな〜と。

そうそう、岩手・平泉にいったとき、たまたま寒くて、外気温が10度あるの?なの〜?ってカンジ。畑は吹きさらしが、ビュウビュウ・・で、そうするとマスクの中が、結露するのよね、体温と息で、そうするとマスクがびちょびちょになってくるの。 取り換えが必要になるのよ〜。 冬用の結露しない温かいマスクってのも、北の地方では出てくるのかも、ですね。